(読者の窓)我慢で見守る成長

現任校の運動会種目に「日進ソーラン」なるものがある。多くの学校で「ソーラン」を学年演技種目に取り入れていると思うが、私の学校では高学年の6年と5年が師匠と弟子という関係を結び、一対一でソーランに対する思いや技、コツなどを伝授するようになっている。

このシステムが出来上がって今年で19年。師匠は全ての6年生。授業中なかなか自分の意見が言えない子や、いつも注意されてばかりの子も弟子をもつ。この運動会を境に全ての6年生に自覚が芽生え、学校生活全般がしゃきっとする。

高学年の担任は、はじめに全体指導をするが、その後の多くは子供同士の指導に任せる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。