管理職研修「審査論文をどう書くか」(88)

審査論文テーマ

教職員の多忙化という言葉がさまざまな場で聞かれます。校長は、多忙な現状を改善し、教職員が情熱と意欲をもって働くことのできる、活気ある職場にする必要があると考え、教頭であるあなたに意見を求めてきました。あなたは教頭としてどのように対応しますか。多忙な現状の原因を踏まえて学校で実施できる解決策について述べなさい。




平成31年1月に、中央教育審議会が学校における働き方改革について答申を公表した。校長・教頭の管理職には、これまで以上に学校や地域の実情に応じた具体的な改革が求められている。

本テーマは、「教職員の多忙な現状の原因を踏まえて」「学校で実施できる解決策」を「教頭として」「具体的に」述べることを求めている。そして、それは校長の願いである「活気ある職場づくり」へ向かうものでなければいけない。

そこで、「業務改善の推進」として業務の全体量をいかに軽減させるかを、「組織体制の強化」として組織の中で個人をどう生かすかを、「職場の環境整備」として働きやすい雰囲気をどうつくっていくかの3点を柱に論じてみたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。