(提言)新たな学びへの転換

名古屋市教育委員会指導室長 加賀 幸一





昨年度、名古屋市教育委員会が2度にわたり開催した学習会「子ども応援大綱の実現に向けて、公教育を考えよう!~楽しい学校とするために本音で語ろう~」に、合計303人の教職員の皆さんに参加していただきました。

年末や年度末の開催であったにも関わらず、子供たちのために常に自己研鑽(けんさん)を積む教職員の姿に感銘を受けました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。