図画工作で子供たちの感性引き出す 表現・鑑賞の場で友達との関わりを生かして

名古屋市立なごや小学校





本校(児童数401人)は平成27年、幅下小・江西小・那古野小の統合により開校した。

開校してからの3年間は、子供一人一人の成長と互いの認め合いを重視し、子供が「なごや小でよかった」と感じられるような取り組みを、道徳、特別活動の時間を中心に、開校関連の行事(開校記念式典、記念植樹式)などと関連付けて行ってきた。
研究の構想

本校は、令和元年度に全国造形教育連盟と日本教育美術連盟による合同研究大会の全国発表の会場校となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。