(こだま)「鳥」と「烏」、「釘」と「針」…

「鳥」と「烏」、「釘」と「針」。似て非なる漢字だ。「怒」と「恕」もそう。「怒」は怒り、「恕」は思いやり。

「論語」(衛霊公篇第十五)の中にこうある。弟子の子貢が孔子に「一生行っていくに値することは何か」と尋ねた。孔子は「其恕乎。己所不欲。勿施於人」(人生で一番大切なこと、それは恕だ。自分がされたくないことは人にはしてはならない)と説いた。つまりは他を受け入れ、認め、許し、思いやる。そのことこそ、人生で一番大切なことだと孔子は教えたのである。

今年1月、千葉県野田市で起こった虐待事件には心がふさぐ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。