(提言)校長による道徳授業支援

名古屋市立小中学校長会副会長 森 久晃



今年度、中学校においても道徳が教科としてスタートした。

戦後教育史をひもとけば、道徳性育成の役割が、学習指導要領の社会科の目標として明記された昭和22年、道徳の時間が特設されたのは昭和33年。道徳を話題にすることは、すなわち修身・教育勅語・軍国主義等を連想させるとして、タブーとされていたこともあった。

以来、極めて長い年月が費やされ「特別の教科」道徳科が誕生した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。