愛知の教育の充実・発展のために 県小中学校長会「教育予算陳情」

愛知県小中学校長会(中谷眞人会長)は、4月当初から、「教育条件委員会」を中心に、令和2年度教育予算の陳情に向けて審議を重ねてきた。その後、教育諸条件の整備を要望した「陳情書・陳情説明資料」をまとめ、8月には愛知県教育委員会への陳情、10月には「県教育予算学習会」を開催し、現在、各地区の代表が県議会議員に対して活発な陳情活動を進めている。




令和2年度の教育予算に関する陳情事項

【最重点陳情事項】

Ⅰ 教職員定数改善と配置の工夫について

1 ゆきとどいた教育を行うための少人数指導担当教員や通級指導教室担当教員、日本語教育適応学級担当教員をはじめとする加配教員の配置拡充


2  小規模中学校の免許教科外教科担任解消のための非常勤講師の配置時間数の拡充


3 特別支援学級の学級編制基準の改善、並びに特別支援学級担当教員個別加配枠の新設と専任の特別支援教育コーディネーター教員の配置

……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。