愛知の教育の充実・発展のために 県小中学校長会「教育予算陳情」

愛知県小中学校長会(中谷眞人会長)は、4月当初から、「教育条件委員会」を中心に、令和2年度教育予算の陳情に向けて審議を重ねてきた。その後、教育諸条件の整備を要望した「陳情書・陳情説明資料」をまとめ、8月には愛知県教育委員会への陳情、10月には「県教育予算学習会」を開催し、現在、各地区の代表が県議会議員に対して活発な陳情活動を進めている。


令和2年度の教育予算に関する陳情事項
【最重点陳情事項】
Ⅰ 教職員定数改善と配置の工夫について

1 ゆきとどいた教育を行うための少人数指導担当教員や通級指導教室担当教員、日本語教育適応学級担当教員をはじめとする加配教員の配置拡充

2  小規模中学校の免許教科外教科担任解消のための非常勤講師の配置時間数の拡充

3 特別支援学級の学級編制基準の改善、並びに特別支援学級担当教員個別加配枠の新設と専任の特別支援教育コーディネーター教員の配置

4 少人数学級の他学年への拡充を含む教職員定数改善計画の早期策定・実施、並びに義務教育費国庫負担制度の堅持と国庫負担率の復元

Ⅱ 教育諸条件の整備・充実について

1 小学校第2学年及び中学校第1学年における県独自の35人学級編制の継続と他学年への拡充

2 多忙化解消と学校運営の円滑化のための教員定数配当基準の改善や、多彩な人材の参画による学校の教育力向上をめざしたスクール・サポート・スタッフ配置に係る補助額増や小学校への配置等の事務負担軽減措置等の実施

3 小学校英語に係る教員をはじめとする専科教員の一層の配置拡充と勤務条件の改善、並びにALTの配置拡充に向けた補助等の支援の実施

4 講師不足を解消し、円滑な学校運営を図るための学校現場のニーズに迅速かつ適切に応えられる人材の確保

5 養護教諭複数配置の拡充と複数配置の緩和措置継続、並びに大規模単数配置校への加配教員の配置と個別加配枠の拡充

6 育児短時間勤務や部分休業の教員、介護休暇・介護時間を取得する教員の勤務が学校運営に支障をきたさないための条件整備と短時間再任用教員の基礎定数外での活用

Ⅲ 教職員給与等の改善と処遇の充実について

1 学校現場に見合った定年退職後の処遇の改善

2 教職員評価に基づく昇給の成績反映及び勤勉手当の勤務実績反映における公務の特殊性や多様性への配慮等の慎重な対応

3 普通旅費の維持改善と「修学旅行や野外活動、遠足等の引率・下見」、「教職員の研修・講習参加」のための別枠旅費の必要額の確保

4 部活動指導業務に係る教員特殊業務手当の指導業務に見合った必要額の確保

5 人材確保法の堅持と義務教育等教員特別手当の増額

6 教職調整額の一律支給堅持と現状の勤務実態に即した改善

以上の【最重点陳情事項】に基づいて、さらに「陳情事項」を掲げ、国や県に教育諸条件の整備を強く求めていく。