(こだま)天高くどこまでも続く秋空…

天高くどこまでも続く秋空。通学路を行き交う子供たちの明るい笑顔が爽やかだ。

学校を訪問する機会があった。教室をのぞくと、担任の姿勢の違いなのか教室環境の大きな違いに気づく。その一つが教室に飾られる「花」である。花や緑がないことがどれだけ教室を潤いのない場所にしているか。もっと問題なのは、花のない環境をよしとして毎日を過ごす教師の鈍感さであろう。日々の多くの時間を過ごす子供たちの精神面に与える影響は計り知れないものがある。教室は教師の戦場であるという自覚をもって常に快適な環境を整えたいものである。

ふと昔のことを思い出していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。