(心に響いたことば)子供は、楽しければ学校に来るものだ

文部科学省の調査によれば、不登校の子供の数は、14万人を超えた。その分析のなかで、「複合的な要因が絡み合っているので、原因を特定することは難しい」としている。原因探しはさておき、現在、各学校では、さまざまな取り組みがなされているのではないか。

この言葉は、今から20年以上前、小学校の学年主任をしていた頃に、当時の校長から言われた言葉である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。