(教師力・人間力)教師の話

先日、「俳句を作って句会をしよう」という課題を教師から与えられ、グループで俳句作りに取り組んだ授業を参観した。

俳句の作り方の概要は分かってはいるものの、感動したことを表現することに恥ずかしさを感じて作るのを躊躇(ちゅうちょ)していた子供がいた。対面にいた子供が「心に残ったことって何?」「やわらかい感じだよね」等と粘り強く問いかけ、何とか応じていた。「これでいいんだよね」と一つの俳句を書き上げ、「この言葉は『さらさら』とした方が分かるかな」とつぶやいた場面を目撃した。

特に目立った場面ではないが、俳句を書き上げた児童が、教師から与えられた課題を遂行して、次はこうしたいと、与えられた課題を自らの課題に昇華させようとした場面であると感じた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。