(読者の窓)一生の思い出

本校では、毎年11月下旬に「チャレンジマラソン」という行事を行っている。このマラソンに向け、子供たちは、体育の授業の始めや休み時間を使い、自分のペースで走る練習に取り組み始める。まさに自分との戦いである。

チャレンジマラソン当日は、学校のすぐ近くにある天王川公園(まきわら船で有名な尾張津島天王祭が行われる公園)にて、学年に応じた距離を走る。

子供たちの間では、休みの日に、練習に行っているよ」とか「去年より、絶対早い順位をとるぞ」など意欲あふれる言葉が飛び交う。保護者の中にも、このチャレンジマラソンを経験したことがあるほど歴史深い行事である。

しかしマラソンという競技は、決して気の抜けない、注意を要する競技である。だからこそ、子供たちのやる気を引き出し、取り組ませることが重要である。

このチャレンジマラソンでは、学校の職員だけではなく、保護者や地域の方々の力も借り子供たちを輝かせることができる。それは、その方々が、チャレンジマラソン当日、天王川公園に足を運び、全ての子供たちに「がんばれ、がんばれ」と声援を送ってくださる。

その声援に、子供たちは突き動かされるのである。自分を応援してくれる温かい言葉のシャワーを浴びながら走るチャレンジマラソンは、きっと一生の思い出となることだろう。

(石原良子・津島市立西小学校長)