三つの学びを意識して実践 自分の考えに自信をもたせる

長久手市立長久手南中学校





昨年度から、本校の目指す生徒像に迫ることができるように主題を設定し研究を進めてきた。最初に行った生徒の実態調査アンケートの分析から次のことが分かった。

南中生はさまざまなことに意欲的に取り組み、明るく生活している。しかし学習の目的意識が希薄で、授業で学んだことを他の教科や学校行事、日常生活につながっていると実感している生徒が少ない。

そこで、学習活動をしっかり振り返らせたり(気付く学び)、生徒同士の協働を通して自己の考えを広げて深めたり(広げる学び)、問題を見いだして自分の思いや考えを基に解決策を考えたり(つなげる学び)するなど、課題に対して自分なりの納得解や最適解を導き出し、自信をもたせるようにすることが必要であると考え、三つの学びを意識した研究実践を行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。