(伝えたいこと)PTA新聞

平成30年7月号 藤川のまちづくり・学びづくり





「ここも三河 むらさき麦の かきつばた」芭蕉の句碑が残る東海道37番目の宿場町・藤川。学区には、当時の景観が残り、歴史を肌で感じることができます。こうしたなかで、本校は地域と協働しながら、藤川への「愛着」と「誇り」を育む教育活動を進めています。

今年も、むらさき麦が鮮やかに実る5月に行われた「むらさき麦まつり」では、子供たちに和太鼓演奏や「藤川子供ガイド」で活躍の場をいただきました。本校では、小学校6年間を通して藤川の良さや歴史に触れ、それを守り伝えるまちの人々の思いや願いに迫る系統的・体系的な学びをつくっています。子供たちが、まちの歴史や建造物の存在を知ることで終わるのではなく、その保全や継承について学ぶことが大切だと考えます。

地域の方々の教えや「ふるさとの良さを次の世代に受け渡したい」という願いは、「今度は自分たちが次へとつなげたい」という子供たちの思いを膨らませています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。