(提言) 梅香る向こう…

愛知県小中学校長会副会長 井上 正英





「初春の令月にして、気淑く、風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は、珮後の香を、薫らす」

始業式、この歌を投げかけられた先生も多かったのではないでしょうか。令和という元号からは初春の、日本の美しい情景が目に浮かびますし、鼻をくすぐるすてきな梅の香りさえ漂ってくるようです。

この5月に、新元号「令和」がスタートして半年が過ぎようとしています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。