ふるさとに夢や誇りを

東海北陸地区へき地・複式・小規模学校教育研究大会愛知大会



10月31日、11月1日の2日間、岡崎市民会館、豊田市立花山小学校、南知多町立日間賀小・中学校、岡崎市立宮崎小学校において、第33回東海北陸地区へき地・複式・小規模学校教育研究大会愛知大会が開催された。東海北陸ブロック7県(三重県、富山県、岐阜県、石川県、福井県、静岡県、愛知県)のへき地教育関係者(336人)が一堂に会して、直面する今日的課題やこれからのへき地教育の在り方について活発な討議、情報交換が展開された。

愛知大会では、第9次の研究主題として「ふるさとに夢と誇りをもって、未来の創り手となる子どもの育成~へき地・複式・小規模校の特性を生かした学校・学級経営と学習指導の深化・充実をめざして~」を掲げている。
◇ ◇ ◇

大会1日目は、岡崎市民会館において全体会が開催された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。