(読者の窓)手筒花火

 徳川家康が江戸城の花火技術を持ち帰らせたことが、発展につながったとされている三河の手筒花火。長さ約80センチの節を抜いた孟宗竹に縄を巻き、鉄粉を加えた黒色火薬を詰めて噴出する東三河独自のもので、筒を脇の横にしっかりと抱えるように持ち、巨大な火柱を噴出させ、最後に「ハネ」と呼ばれる炎が大音響とともに足元に吹き出す勇壮な花火である。

 奉納行事として数多くの祭礼で上げられているが、その年の厄年の人達が打ち上げ、厄祓いを行うことも多い。

 私自身も父が天火会の会長をやっていたこともあり、小さい頃から毎年楽しみに手筒花火を見に行き、父の雄姿に憧れていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。