新学習指導要領に基づく授業づくり 県総合教育センター研究発表会

 11月29日、「新学習指導要領に基づく授業づくり」をテーマに、「第59回愛知県総合教育センター研究発表会」が同センターにおいて開催された。新学習指導要領は、これからの時代を切り拓いていく子供たちに必要な資質・能力を育成するために、「カリキュラム・マネジメント」を改訂の軸として「主体的・対話的で深い学び」を実現し、学校教育の改善・充実の好循環を生み出すことを求めている。本研究発表会では、新学習指導要領の趣旨を踏まえた組織力の向上及び授業改善の観点から、約500人の参加者を得て、講演及び研究発表・研究協議を行った。

 開会行事、基調提案に続いて、髙木展郎氏(横浜国立大学名誉教授)の、「新学習指導要領が目指す授業づくり」と題する講演が行われた。

 学習指導要領改訂のキーワードである「カリキュラム・マネジメント」「主体的・対話的で深い学び」等の解説やそれを踏まえた授業づくりについての興味深い内容であった。

 「カリキュラム・マネジメント」については、これまで管理職だけで「教育課程の編成・評価・改善」について頭を悩ませてきたが、これからは「学校のグランドデザイン」を全教職員で作成し、合意形成を図ることが重要であるとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。