(読者の窓)よく遊び学べ

「入ーれーて」「いいよ」

始業前の校庭でサッカー遊びが始まった。少しずつ子供が加わる。6、7人になるとゲームらしくなり、みんな夢中になってボールを追いかける。「校長先生も一緒にサッカーしてください」と誘われ参加する。

本校は全校児童21名の小規模、完全複式学級の小学校である。山々に囲まれ、始業の合図は、ヒノキの間伐材をくりぬいて自作した伝統の「アルプホルン」の音色が響き、牧歌的な雰囲気を漂わせている。登校後このような光景になり、やがて、一人が「抜ーけーた」と言って別の遊びを始めることもある。子供のルールでは良いらしい。

毎週水曜日は「全校遊び」がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。