審査論文をどう書くか(91)

審査論文テーマ
あなたの学校には非常に熱心に仕事に取り組んでおり、全体の流れが見える職員が複数います。その中の職員から、休憩時間が設定されているが、子供がいるのに休憩などできない、一部の先生は担任をもたず、仕事も少なく、休憩していて不公平ではないかという訴えがありました。

こうした実態を受け、学校の組織として働き方改革の視点も含めて、あなたは教頭としてどのような対応をしますか。あなたの理想とする教員組織の在り方を踏まえて具体的に考えを述べなさい。

本テーマの中に、学校の中核となっている教師からの不満が読み取れる。休憩時間が取れないことへの不満ではなく、一生懸命働いているときに休憩をとっている特定の教師への不満だと思われる。

この実態から、課題として、①仕事の精選と効率化、②持ち味の明確化、③共助の組織づくりと捉え、①職員の意見を吸い上げやすい組織、②教職員の持ち味を生かした組織、③ともに助け合う組織を三つの柱として、教員組織の改革について述べることとする。

また、審査論文を書く際は、どこかで見たような論文ではなく、具体的な実践に基づく、その人でしか書けない論文、「他者と違うな」と思わせるところがあるとよい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。