英語に慣れ親しみ、積極的にコミュニケーション 蒲郡市立形原小学校

他教科等との連携、支援の工夫、学習環境の充実

子供たちの感性は柔らかく素直で、外国語活動の言語や文化を受け入れ、適応する能力に長(た)けている。コミュニケーションを楽しむ子の育成を目指し、英語に目を向け、未来を生き抜く力につながる研究を進めてきた。
目指す子供像
発達段階に応じて、低学年:英語でのびのびと楽しく活動する子、中学年:英語に慣れ親しみ、すすんで使おうとする子、高学年:英語の基本表現を使って、積極的に思いを伝え合おうとする子と設定した。

身の回りのものや遊び、日常生活や思いのある事柄、教科などから英語を使う必然性のあるシチュエーションを設定し、子供の思いを大切にした授業の構想を工夫した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。