(提言)いい授業をしたいのなら

三河教育研究会会長 髙須 亮平

教師ならば誰でもいい授業をしたいと思っているでしょう。そのためには、いい授業の具体的なイメージをはっきりもっていることが必要です。いついつどこで観たあの先生の、あの授業の、あの子どもの学びの「ような授業をしたいなあ」というイメージです。きっとそれを目指して、皆さん、工夫を凝らしていると思います。

しかし、そのいい授業のイメージが不明瞭であったり希薄であったり陳腐であったりすることがあります。よくよく考えれば、いい授業のイメージをしっかりともてていないことが多かったりするものです。

だったらどうしましょうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。