考えを深める道徳科の授業づくり 稲沢市立三宅小学校

対話的な活動を通して

本校は平成29年度より、校内現職教育で「特別な教科 道徳」における、指導と評価のありかたについて研究実践を進めてきた。本年度は、児童が自己を見つめ、道徳的価値について多面的・多角的な考えに触れ、自分の考えを深められるよう実践に取り組んだ。
研究の実践と成果
子供たちが授業で、ねらいを「つかむ」、考えを「伝え・認める」「深める」ことができるように、「対話的な活動」を、積極的に取り入れた授業づくりを行った。
ねらいをつかむ
高学年では、葛藤場面でネームプレートを活用し、各自の立場を明示させた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。