(こだま)昨年12月、新聞各紙に…

昨年12月、新聞各紙に「読解力15位に後退」の文字が躍った。経済協力開発機構(OECD)が2018年実施の学習到達度調査(PISA)の結果を公表したのだ。日本の高校1年生の読解力は79カ国・地域中15位で、前回8位から低下した。

文部科学省は読解力の低下について「文章の質や信ぴょう性を評価し、根拠を示して説明する問題の正答率が特に低く、情報を見極めて自分の考えを表現する力が不足している」と指摘した。

その原因として、OECDのシュライヒャー教育スキル局長は「デジタル時代に求められる読解力に対し、日本の教育の対応が遅れている」との見解を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。