【心に響いたことば(32)】「お前が学校行かんなら俺も行かんでな」

 中学校で2回目の3年生を担任した時のことである。仲の良い2人の男子生徒がいた。家も近くで幼馴染と言った所であろうか。

 片方の生徒の家庭訪問に行った時、2人の様子について語っていると母親がこんな話をしてくれた。

 「T君(もう一方の生徒)には本当に感謝しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。