(提言)多文化共生社会に向けて

半田市教育委員会教育長 鈴川 慶光

「ボンジーア・ブエノスディアス・マガンダンウマガ」以前勤務していた学校で子供たちと交わしていた朝のあいさつです。

それぞれポルトガル語、スペイン語、フィリピノ語で「おはよう」という意味です。全校児童600人くらいの中で日本語指導を必要とする児童が50人以上在籍していました。

愛知県は日本語指導が必要な児童生徒数が全国一多く、第2位の神奈川県の2倍以上です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。