総合教育センター情報 令和2年度以降の教員研修改革のポイント

愛知県教育委員会では、平成29年11月に「愛知県教員育成指標」を策定し、キャリアステージに応じ、教員一人一人が発揮したい資質・能力を明確にしました。

また、これを踏まえ、平成30年度から「愛知県教員研修計画策定会議」を立ち上げ、県総合教育センターの研修事業を中核とし、県教育委員会各課室、各教育事務所等が連携を図りながら、初任者から中堅教員、ベテラン教員、管理職まで、教員のキャリアステージに応じた体系的かつ効果的な研修ができるように、研修計画の再構築を進めてきました。

ここで、令和2年度以降の研修改革のポイントを紹介します。

◆これまで初任者研修と10年経験者研修に集中して実施していた研修プログラムを「学び続ける教師」という理念のもと、初任者から中堅に至るキャリアに応じた研修体系となるよう研修プログラムの分散化・弾力化を図り、再構築を進めてきました。

◆初任者研修・少経験者研修については、これまで全校種の初任者研修で夏季休業中に実施していた「社会奉仕体験活動(2日間)」を令和2年度より廃止します。そして、県立学校2年目研修、3年目研修のこれまでのプログラムを再編し、キャリアに応じた内容で、2年目研修は年間1日半、3年目研修は1日にして実施します。

また、小中学校においても、令和3年度より新たに2年目研修、3年目研修を、年間1日ずつそれぞれ課業日に実施する方向で準備を進めています。

◆中堅教諭等資質向上研修(10年経験者研修)については、令和2年度より、全校種の校内研修において、OJTを推進していきます。

OJTとは、職場において研修の時間を新たに設定して取り組むものではなく、研修者自身が、研修の目的意識をもちながら、自ら調べたり、同僚に相談したり、先輩や管理職に具体的な指導・助言を仰いだりしながら、日常の業務を遂行する中で、課題解決を図るとともに、資質・能力を高めていく活動のことです。

さらに、次年度以降、5年経験者研修を廃止し、10年経験者研修を前期・後期制の中堅教諭等資質向上研修とするように検討を進めています。「教員は学校で育つ」をキーワードに、今後さらに校内研修と校外研修の往還を充実させていく予定です。

◆総合教育センターが本年度実施する研修内容等の詳しい情報は、当センターのウェブページで確認することができます。

また、「愛知県教員育成指標」や「令和2年度愛知県教員研修計画」については、各学校へ配布されていますが、県教育委員会教職員課のウェブページからダウンロードすることもできます。

これらの情報を校内で共有していただくことで、さらなる学校の活性化のお役に立てれば幸いです。

教育相談のご案内

当センターでは、幼児児童生徒の養育・教育上の悩みなどについて電話や面接での御相談に応じています。併せて、教育関係職員相談を行っています。

【一般教育相談】

小・中・高校生とその保護者および教職員が対象です。

〈相談の内容〉
○身体・精神 ○学業、不登校 ○いじめ、非行 ○進路・適性 ○家庭教育 ○体罰、暴力行為 ○セクシュアル・ハラスメントなど
【特別支援教育相談】

特別な教育的支援を必要とする幼児児童生徒とその保護者および教職員が対象です。

〈相談の内容〉
○家庭での育て方 ○就学・進路 ○幼稚園や学校などでの指導方法など
【教育関係職員相談】

教育関係職員が対象です。

〈相談の内容〉
○身上・生活相談(パワー・ハラスメント相談) ○セクシュアル・ハラスメント相談 ○幼稚園教員相談 ○メンタルヘルス相談

メンタルヘルス相談(面談のみ)では、御自身の心身の不調や児童生徒の指導等に関する悩みについて、専門医が相談に応じます。管理職の方の職員に関する相談も受け付けています。

【申込先】
    • 一般教育相談および教育関係職員相談/℡0561(38)2217
    • 特別支援教育相談/℡0561(38)9517
【申し込み日時等】
    • 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時まで
    • 相談の費用は無料です。

あなたへのお薦め

 
特集