(読者の窓)世界を感じる

本園には、インド、タイなどさまざまな国籍の幼児が通っています。子供が泣いたり、何かを要求したりしていたとき、先生たちは、その子の表情や様子から思いをくみ取り、身ぶり手ぶりを交えながらコミュニケーションをとっています。

また、名古屋市立幼稚園は、保護者が送り迎えをしていますので、毎日その日の出来事を伝えたり、行事の日の持ち物やさまざまな手続きについて話をしたりします。

担任は、知っている英単語をつなげ、スマートフォンの翻訳機能を使って苦労して伝えています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。