自ら考え、判断し、表現する児童を育成 岡崎市立岩津小学校

「IWAZU Style」をもとにした授業づくり

今の子供たちが大人になる頃には、情報化、グローバル化がさらに進むとともに、AIの進化によって知識や技能だけを必要とするような職業はなくなる時代がやってくると言われている。

岩津っ子には、未来をたくましく生き抜くために、思考力・判断力、表現力を育み、知識や技能を生かして新しい考えを生み出したり、あふれる情報やさまざまな価値観の中から適切に選択・判断して自分の考えを構築したりし、それらを発信・表現していく力を身に付けさせたいと考えた。
研究の概要
本校が考える「思考力・判断力、表現力」は、既習の知識・技能や既有の経験を活用し個の追究や関わり合いを通して課題解決する中で、確かな根拠に基づいた自分の考えを構築することである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。