(こだま)日本で新型ウイルスの…

日本で新型ウイルスの感染が拡大した場合、どのような事態となるかを描いた『感染列島』(涌井学・小学館文庫)には、今の世の中を予感させるリアル感がある。

一人の男性の感染から列島中に拡大した未知なるウイルス。その猛威はとどまるところを知らず、恐るべき速度で全国的にまん延していった。このままでは日本の社会は崩壊してしまうことに。感染爆発(パンデミック)までのカウントダウンが始まった。このSF小説の世界が、10年ほどで現実のものになろうとは驚きだ。

新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急事態宣言が出され、それを受けて各学校においては、長期にわたる休校が続いている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。