(提言)ピンチをチャンスに

名古屋市教育委員会指導室室長 藤好 三知雄

令和2年度は、新型コロナウイルスが猛威をふるう中、名古屋市立学校・幼稚園において入学式・始業式は行ったものの、その後は臨時休業が続くという、未曽有の状況下でのスタートとなりました。

子供たちにとって学校は、毎日仲間と何気ない出来事を共有し続けているだけでも、時として家庭に代わる安心の場になっていると私は思います。しかし現状は、学校へ通うという当たり前だった日常が失われ、子供たちは新型コロナウイルスへの感染や学習の遅れといった不安を抱きながら、家庭での生活を余儀なくされています。

名古屋市教育委員会としましては、「心とからだのチェックリスト」や学習プリントを作成し、提供させていただくことなどを通して、子供たちの心のケアや家庭での学習支援に取り組んでまいりました。

今後も、子供たちの不安を和らげ、そして元気づける取り組みを、各学校・園・教育委員会など、子供たちの教育に携わる全ての大人が一丸となり、新型コロナウイルス感染が収束する日まで粘り強く継続してまいりたいと思います。

また、新型コロナウイルスは、指導室が進めている諸事業にも大きな影響を与えました。例えば、これまで年度当初に行っていた各種説明会は、三密を避けるという理由で中止とし、参加予定者に資料を送付して読み取っていただくことで開催に替えるということにしました。こうした見直しは、見方を変えて働き方改革という観点から見れば、参加者の方が学校を離れる回数を減らすということにつながります。

「ピンチはチャンス」という言葉もあるように、こうした機会に、諸事業を働き方改革という観点で見直すことによって、本来の目的を失わない範囲でスリム化することができるものもあるのではないかと考えます。

臨時休業が長期化する中、子供たちが十分授業を受けることができなかった内容については、学習に著しい遅れが生じないようにしなければなりません。本市においては、子供たち一人一人の興味・関心や能力、進度に応じた個別最適化された学びの提供を本年度の努力目標に掲げております。

学校再開に向けた準備をしっかりと行い、再開された際には、これまで以上に、子供たち一人一人と向き合い、楽しい学校づくり、分かる授業づくりを目指してまいります。

あなたへのお薦め

 
特集