名古屋市総合教育センター情報 教育の情報化の窓口として

文部科学省が示した「GIGAスクール構想」や、新型コロナウイルス感染拡大によるオンライン授業など、教育の情報化が注目を集めています。本市でも、全学校園における個別最適化された学びの実現に向けて、「1人1台端末」の配備とその活用の推進に取り組んでいます。本号では、教育センターが支援している教育の情報化について紹介します。
学校におけるICT環境整備
「GIGAスクール構想」では、児童生徒向けの「1人1台端末」と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することを目指しています。これにより、子供たち一人一人に個別最適化され、創造性を育む学びを目指し、学習指導の仕方も大きく変わろうとしています。

本市では、本年度、小学校18校、中学校14校、特別支援学校4校の計36校に、児童生徒1人1台ずつの学習者用タブレット端末を導入します。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。