(読者の窓)One Team

新型コロナウイルスが子供たちの当たり前の学校生活を奪ってしまった。突然の臨時休業。3年教室に掲示されていた卒業までのカウントダウンも途中で止まったまま。後日行われた卒業式。来賓も在校生もいない体育館。保護者の見守る中で送り出せたことが、せめてものはなむけとなった。

通常復帰を願う人々の気持ちをもてあそぶかのように、感染は収束しなかった。学校再開も延期。不安の中の入学式。時間短縮のために大幅に削った式次第。不安が期待へと変わっていくはずの新学期はまだ始まらない。

課題確認のために久しぶりに登校した1年生に早く始まってほしいか尋ねた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。