私を支えた「この一冊」

「子どもが見えるということが、まずおおもとであると思います。」

教師になって8年目の春、初めて転勤した。初任の学校が少しばかり大変なところであったし、中学から中学への転勤であったので、大して心配もせずに異動したのだが、私はそこで大きな挫折を味わった。

子どもたちのためにと頑張ることが、全て裏目に出る気がして、このまま教師を続けていてよいものかと悩んだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。