英語イマージョン教育スタート 主要教科実施は公立初 豊橋・八町小

本年度、豊橋市立八町小学校において公立小学校としては全国初となるイマージョン教育がスタートした。イマージョン教育とは、従来の英語授業のように文法を教え込むのではなく英語を毎日シャワーを浴びるように聞き、使っていこうという実践的な学習法で、「英語漬け授業」とも言われている。基礎学力を低下させないようにしながら、英語のコミュニケーション能力を磨き、グローバル人材の育成につなげることを目的としている。本年度、小学校英語が教科化される中で、新しい教育方法として注目されている。




八町小では、国語、道徳以外の教科を英語で学ぶイマージョン教育のスタートに先立ち、昨年6月より「イマージョン教育コース」を選択した20人の児童を対象とした3年生算数の授業を先行実施した。9月の公開授業では、ALTと日本人教員が指導者となり、日本語の教科書を使ってほぼ英語で3桁の筆算の引き算、足し算を教えた。

「Stand up」「Hello, everyone」から授業が始まった。子供たちは歌などで数字を英語で声に出した後、繰り下がり、繰り上がりを勉強した。3桁の引き算の授業を「borrow1(上の位から1を借りてくる)」「carry1(上の位に1繰り上げる)」といった英語のみで進めた。

日本人教員が中心となり、英語を用いて教科等の内容や子供の現状に応じて授業を進めたり、ALTが「good」「nice」など英語で助言したりした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。