人・自分・町が好きな子供に育成 幸田町立中央小学校

中央小アクティブ・ラーニングを

研究の概要
本校(児童数555人)は平成28年度より、「人が好き、自分が好き、自分が住んでいる町が好きな子供の育成」という研究テーマを掲げ、研究実践を進めている。

中でも「学校・家庭・地域の連携」を重点に置き、コミュニティスクールの構想を基にした「地域連携協議会」を設置し、多くの学校支援ボランティアの方と共に学校づくりを行っている。

授業づくりにおいては、「問題解決的な学習」を大切にし、①教材との出合わせ②学びのキーワード③ステージアップ④学びの確かめという4つの視点を設け、各学年、工夫した取り組みを行っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。