(こだま)ステイホーム、クラスター、……

ステイホーム、クラスター、ロックダウン、パンデミック、東京アラートなど、新型コロナウイルスに関わって、なじみのない横文字が随分世に流れた。中でも、ソーシャルディスタンスは「今年の流行語」にも取り上げられそうなほど広がった。一般的に「社会的距離」と訳されるが、元来「集団・個人の近親度」を示す言葉なので、人と人のつながりは強くあってほしいものである。

学校現場に目を転じれば、今なお互いの濃厚接触を避けるため、ソーシャルディスタンスは欠かせない。「大切な人だから離れなければならない」ことは重々承知の上で話せば、小学校の新入生などは、教師にべったりまとわりつく中で絆を形作っていくのに、ソーシャルディスタンスが邪魔をしている。コロナ禍で休校となったこの数か月は学級開きから学級の組織を固める最も大切な時期。学校が再開された今こそ、何より教師と子供の信頼関係を築かなければならない。

若い先生たちに子供や保護者との信頼関係を築くためのヒントを伝えたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。