【教師力・人間力(36)】評価で苦しむ教師になろう

文科省の言うことが分からない
今、「評価で苦しむ」と書くと、新指導要領の「主体的に学習に取り組む態度」が浮かぶのではないか。

本校も講師を招いたり、授業研究をしたりしている。でも難しい。

ちまたでも文科省資料が分かりにくい、現場で日常的に使える内容になっていないなどという声をよく聞く。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。