(提言)新たな日常に思う

尾張小中学校長会長 片山 裕之


コロナウイルス感染症の影響で、令和2年度は4月から5月まで臨時休業という異例の事態を受けてのスタートとなった。新緑に囲まれ1年の中でもっともさわやかな季節を迎えても、生徒たちの声が全く聞こえない校舎を見ると学校には生徒の声が響く日常が何より大切であり、かけがえのないものであるという思いを強く感じずにはいられなかった。

そんな日々を重ね迎えた5月中旬、いよいよ6月から教育活動を再開することになった。新たな日常の中での再開に向け、学校として何を準備しなければいけないのか、3密を可能な限り避け、感染防止に最大限努力するため何をすべきなのか。

手洗いの方法やタイミング、手指消毒のタイミング、トイレや手洗い場所での密集を避ける工夫、授業中の密を避けるための活動の制限、登下校の方法等、短時間に多くの内容について確認しその時を待った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。