個別最適化された学びの提供へ ナゴヤ・スクール・イノベーション事業

名古屋市では令和2年度、自らの可能性を最大限に伸ばし、人生をたくましく生きていく子どもの育成を目指して「ナゴヤ・スクール・イノベーション事業」を進めている。昨年度の「画一的な一斉授業からの転換を進める授業改善」事業を継続・発展させたもので、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業づくり・学校園づくりの研究やICT環境整備等を進め、個別最適化された学びの提供に向けた取り組みとして大きな関心が寄せられている。

昨年度の「画一的な一斉授業からの転換を進める授業改善」事業では、教員の中から選抜した8人の実践者による海外研修と実践研究、28人の視察研究者による国内先進校園の調査研究、そしてモデル校による実践研究が行われた。

海外研修では、実践者がオランダを訪れ8月25日~30日に現地で開催された「夏季オランダ・イエナプラン・オリエンテーション研修」に参加し、イエナプラン教育の概要理解と現地校4校の視察を行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。