(こだま)本紙新企画『私を支えた「この一冊」』……

本紙新企画『私を支えた「この一冊」』がスタートした。教師生活を支えた心に残る本を紹介していただき、これからの教育を背負う若き先生たちへの指針とするものである。

小生の「この一冊」といえば毛涯章平先生の『肩車にのって』で、特別な思いがある。毛涯先生は、長野県で長年教職に就かれ、信濃教育に多大な影響を及ぼした。

初めてお会いしたのは平成10年。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。