【教師力・人間力(37)】子供の成長を支える教師

大きな挫折を経験したのは、初めて異動した中学校勤務でした。中学校は市街地の大規模校。

赴任した1年目、生徒との信頼関係は築けず、教科指導も生徒指導も思うような指導ができず、学校に行くことさえ、つらい毎日を送りました。自分が教師として認められたくて結果を出すことに執着し、子供たちの声も聴かず、独り善がりの指導に終始していたためでした。

きっかけになったのは、翌年からの部活動指導でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。