(提言)「心理的感染」と「社会的感染」

名古屋市立小中学校長会副会長 伊藤 久仁


令和2年が始まった頃、この年が新型コロナウイルスによって、世界を揺るがすような混乱に陥る年になるとは思ってもいなかった。これまで経験したことのない正体が分からないウイルスとの戦いはいつまで続くのだろう。

コロナ禍をどう乗り切れば良いのか、子供の心のケアや教職員の指導のあり方について助言を求めたいと考え、本校の教員研修で臨床心理士を招聘(しょうへい)した。彼女の話は明快で納得できるものだった。

内容は「コロナウイルスによる負の連鎖を断ち切る必要がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。