小学校プログラミング教育に役立つ事例集 県義務教育問題研究協議会が作成

本年度4月から、小学校の新学習指導要領が全面実施され、「小学校プログラミング教育」がスタートした。県義務教育問題研究協議会では、平成30・令和元年の2年間、小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について協議し、その成果を小学校のプログラミング教育事例集「みんなでスタート!」と、使用するソフトについて使い方を分かりやすく説明した「小学校プログラミングツールサポートブック」にまとめた。これらを活用することで、小学校のプログラミング教育が、円滑にスタートすることが期待されている。

本会では、平成31年3月に、リーフレット「小学校プログラミング教育の在り方」と事例集「ココからスタート」を発行し、各小学校現場での指針を示した。令和2年3月に発行した事例集「みんなでスタート!」は、「ココからスタート」の事例を実践して分かった課題などを考慮し、新たな事例や、先行実践地域の取り組みなどを加えた新しい事例集である。

これらのリーフレットの中では、「小学校プログラミング教育の手引」(文部科学省)を基に、県が目指す「小学校のプログラミング教育で引き出したい子供の姿」を明らかにしている。プログラミング教育で育む資質・能力を身に付けるための「引き出したい子供の姿」は、次のとおりである。

(例)「コンピューターにプログラムをすると、思うように動くことに気付く」「手順を考えると、簡単に作業ができることに気付く」「順番や組み合わせを考える」「解決の方法を様々に考え、よりよくする」「コンピューターを使って、効率よく作業する」「プログラムの働きを生かそうとする」。

さらに、小学校プログラミング教育で期待できる学びとして、「自らの考えを整理して、内容を伝えることができる」「仲間とともに問題解決するよさを実感できる」「プログラムの働きを、生活の中で生かせるようになる」としている。

実践事例を紹介する。

○2年「学級水族館をつくろう」(使用ソフト・ビスケット)

学級全体で「学級水族館」をつくる場面での学びである。ビスケットの基本操作を確認した上で、水族館にいた生き物を思い出しながら絵を描く。そこで、プログラミングサポートブックを参照しながら、自分で描いた絵を「メガネ」(○の形が二つあるもの)を使って動かしていく。子供たちは「どこに泳がせようかな」「だれの隣に泳がせようかな」と考えながら、思い出に残った魚の絵をビスケットで表現することを通して、プログラミング教育の楽しさを体験することができる。

他にも、「正方形」「正三角形」を、スクラッチを利用して作成する学習(5年算数)や「電気をより効率的に使う方法を考える場面で」メッシュやマイクロビットなどのソフトを使用した学習(6年理科)などが掲載されている。

本会では、「各小学校においては、児童や地域の実態に応じて情報活用能力やプログラミング的思考を育むための授業づくりをしていくことが大切である。本事例集を積極的に活用することで、新学習指導要領を見据えた円滑な対応などを進めてほしい」と期待している。

事例集などは、ウェブ(小学校プログラミング教育事例集)から引き出すことができる。

あなたへのお薦め

 
特集