(読者の窓)楽しさが大切

みよし市では平成29年度より小学校プログラミング教育の準備を進め、30年度には各小学校にマイクロビットを40台配置しました。新指導要領の完全実施を前にハードウエアはそろいましたが、次に必要なのはそれを運用する教員のスキルです。プログラミングは英語とは異なり、教員が体系的に学習したことのない、いわば未知の領域です。実際にやっていることは簡単とはいえ、ちょっとしたことでつまずいたり、基本的な事項が理解できておらず、子供への指導をちゅうちょしたりということは当然考えられることでした。

そこで、市教育委員会を中心に各小学校に大学教授を招いて研修会を実施するなどして、一人でも多くの教員が必要なスキルを身に付けられるように研修を進めました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。