私を支えた「この一冊」 手紙屋 蛍雪編

「勉強という道具は、『自分を磨くため』『人の役に立つため』という二つの目的のために使ったときにはじめて、正しい使い方をしたといえるのです。」

退職まであと4年になった年に友人に勧められてこの本に出会った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。