(こだま)ストーブ談義……

熱中症を心配していたあの夏の暑さが嘘のように、朝晩冷え込むようになってきた。ストーブの恋しい季節である。

ストーブといえば、いつの頃からだろう職員室からストーブが姿を消したのは。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。