(読者の窓)開校50年

ある日の長放課、校長室のドアがノックされました。ドアを開けると、そこには見覚えのある6年生の男の子が立っていました。「昔の校長先生の写真を見せてください。」という彼の突然の依頼に、私は、「どうして、昔の校長先生の写真がここにあることを知っているの。」と尋ねると、うれしそうに「去年、何度も校長室に遊びに来たから。」と答えました。顔をよく見ると、長放課に何度も校長室に遊びに来た子でした。彼は、校長室に飾られた写真を見るなり、「校長先生、ぼくの答え、合ってた。」と大喜びしました。

本校は、今年度開校50年を迎えましたが、コロナ禍のため、開校50年を意識できる活動を進められずにいました。そこで、少しでも本校の歴史に興味をもってほしいと思い、「祥南小学校開校50年クイズ」を作成し、掲示板に掲示しました。その第一問が「祥南小学校の初代校長先生は」でした。彼はその問題に答えるために、校長室を訪れてくれたのでした。

また、「祥南小学校ができた時の児童数は」という問題を出したとき、多くの6年生が校長室に押し寄せて来ました。六年生は、総合学習で祥南小学校や学区の歴史について調べており、児童数の変化をテーマにしている友達に、教えてもらったとのことでした。

開校50年は、子供たちが本校の歴史に触れる貴重な機会にすることができます。歴史に触れ、本校のことをよく知ることで、子供たちのもっと素敵な祥南小学校にしようという気持ちを高めていきたいと思います。

(岡戸俊之・安城市立祥南小学校長)

あなたへのお薦め

 
特集