(読者の窓)学校クイズ

「今年の最高気温は何度でしょう。学校の百葉箱で測定します。」「今年の学校での初氷はいつでしょう。朝礼台の下のバケツの水で午前8時とします。」4月から出した「学校クイズ」です。

一宮東部小学校は、全校で260人の市内では小規模校に入ります。校区に豊川市最高地点の本宮山(789メートル)があります。平成27年に復活した「本宮山遠足」という縦割り班行事があります。一級河川豊川が流れていて、JRの駅が3つあり、学校のすぐ北を電車が走っています。例年校外学習に出掛けるときや、修学旅行の出発はそのうちの一つの駅からになります。

学校の歴史は古く明治40年に創立されました。運動場に出るところに、赤ポストがあります。郵便差出箱一号と表示があります。プールの横には看板があります。水神平遺跡(学校は遺跡に建っている)と書いてあります。正門にBM3と書かれた丸っこいものがあり、経度、緯度、標高が刻まれています。校地の南西角に煙突のようなものが立っています。電子基準点です。

子供たちには、ぜひ自分が住んでいる地域のことを知り、それを誇りに思う人に育ってほしいと思っています。前出の令和2年度のクイズの解答は、38・5度(8月16日)と12月18日でした。急に寒くなったころ、登校時に家の近くから氷を持ってきて見せてくれた子がいました。

この日、登校するとすぐにバケツをのぞきに行く子がたくさんいました。子供たちは敏感です。

今、「今年の桜の開花はいつでしょう。校門の大きな桜の木が対象です」というクイズが出されています。昨年は3月19日でした。

(松本充弘・豊川市立一宮東部小学校長)