(こだま)9月入学の議論……

東京オリンピック・パラリンピックが様々な感動を残して閉幕した。中でも池江璃花子選手の奇跡のカムバックに勇気を与えられた人も多かったのではないか。「希望が、遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても前を向いて頑張れる」。彼女の言葉は何より重い。

東京オリパラは新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)されたが、いつしか立ち消えになった「9月入学」の議論もまたしかり。昨年、ウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、休校措置がとられる中、学業の遅れを取り戻す策として「9月入学」が取り沙汰された。しかし、政府が現段階での導入は困難と結論付けたため、議論は一気に収束した。

これまで何度も検討されては消えてきた「9月入学」。その理由は、移行後プラス5カ月分の教室や教員の確保を始め、保育所の待機児童の増加、企業の新卒採用や会計年度の調整など負担が大きいためだ。それでもなお「9月入学」を進めるべきとする理由は、秋入学の多い海外の学校への接続がしやすく、留学などグローバルな学びが広がり、国際的な人材の獲得が進むなど、学生や企業にとってのメリットは大きい。こうしたメリット・デメリットがある以上、重ねて議論は継続すべきであろう。平時ではなかなか変えられないものをコロナ禍で改革し、チャンスに変える機会とも言える。

そもそも「9月入学」が議論にあがってきたのは、休校中の学習の遅れを補うための方策ではなかったか。

文科省は、5月に実施した全国学力・学習状況調査の結果を公表した。新型コロナウイルスに伴う昨春の最長3カ月続いた一斉休校の影響が注目されたが、正答率との相関関係は見られなかったとした。背景として、「各校が補習や土曜日の活用、長期休暇の短縮、オンライン学習などでフォローしたことが要因ではないか」とみている。

一安心ではあるが、この結果によって、「9月入学」の議論はさらに遠ざかってしまうのかもしれない。

あなたへのお薦め

 
特集