(こだま)キラキラネーム……

 かつて勤務していた小学校の卒業式に出席した。卒業生の名簿を見ていて隔世の感を抱いた。「子」の付く女子の名前がないのである。それもさることながら、男子か女子か判然としない名前、読みの分からない名前のなんと多いことか。

 わが子を授かった時、姓名判断の本を片手に四苦八苦しながらも、結局「普通が一番」とごく平凡な名前を命名したものだった。そもそも子の名前は、親が子の成長を切に願って命名するのであるから、他者がとやかく言うことではない。しかし、担任をしたことのある教師なら読みづらい名前に困惑したことは一度や二度ではないだろう。例えば、「稀星」と書いて「きらら」や「光宙」と書いて「ぴかちゅう」と読ませる名前は、本来の読みや漢字の意味から懸け離れたいわゆる「キラキラネーム」である。

 今、法務省は、氏名の「読み仮名」を戸籍に記載する法改正を検討している。行政手続きの効率化に向けたデジタル化推進が狙いだ。一方、総務省は2024年に海外でもマイナンバーカードを利用可能にする方針で、氏名をローマ字で表記したいという。併せてキラキラネームなど漢字本来と異なる読み方をどこまで許容するのか、差別的表現の読み仮名の扱いも議論するとのこと。

 名付けの問題と言えば、かつての「悪魔」ちゃん命名騒動を思い出すが、キラキラネームの問題は名前自体の善し悪しとは本質的に異なるので、論議が難しくなる。

 日本語は、本来の音を離れ、さまざまな読み方を許容する言語でもある。そこに独特の情緒が生まれ、面白さ、豊かさも生まれてくるのかもしれない。少なくとも親は子の名前を決める時、後々の子供の使い勝手を考えて、自己満足でない配慮を心掛けたいものだ。

 吉田兼好は『徒然草』第116段で、「人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり」と名前に見慣れない文字を使うのは無用だと戒めている。兼好法師はこの問題をどう考えるのか、意見を聞いてみたい。

あなたへのお薦め

 
特集